海外での薄毛反応

欧米社会では、皆さんもご存じのように、「個性」がとても大切にされます
海外、特にヨーロッパの方々は実に薄毛の人が多いですが、
日本と違って「多民族国家」ですので、
薄毛も個性の1つと考えられている」と言われているのです。
日本国内では、薄毛に悩んでいる人は「約1000万人」いるとされています。
薄毛は、病気ではありませんが、
ここまで来るともはや「国民病」と言えますね。
また、日本では薄毛に対してかなりネガティブな印象が持たれており、
薄毛の人を見ると、どうしても目線が上の方に行ってしまったり、
あるいは「可哀そうに…」などと思ってしまうこともあります。
日本人は薄毛を気にしすぎる。
海外では薄毛の方がモテる
などと良く耳にしますが、その実態はどうなのでしょうか。
本当に海外の人は薄毛でも全く気にしないのでしょうか。
実は、海外にも「薄毛は嫌だ!」という人はたくさんいます。
「個性」として考えられる一方で、やはり薄毛は世界共通の悩みとも言えるのです。
アメリカやカナダの場合、「薄毛の投薬治療」が一般的です。
最近では、日本でもお医者さんから処方された薬を飲んで薄毛を克服する方法が人気を集めていますが、海外では以前から一般的に行われてきた方法なのです。
以前、薄毛の薬を飲んでいたために、オリンピックのメダルを剥奪された人もいました。
これは、育毛剤の成分の中に「ドーピング検査」で引っ掛かるものも含まれていた為です。
また、薄毛差別と言える発言をした首相や、国会議員がライバル議員のカツラをはがし、侮辱罪で訴えられるという騒ぎもありました。
つまり、日本に比べれば薄毛を気にしていないように見える海外でも、決して「全く気にしていない」わけではなく、日本人同様、気にしている人もたくさんいるということです。
特に、若い年齢で薄毛に悩んでいる人に同情してしまうという傾向は世界共通のようです。

薄毛で悩む人のための参考サイトはコチラ


copyright c 2011