シャンプーの違い

そもそもシャンプーはなぜ必要なのでしょうか?
もう一度シャンプーの意味を良く考えてみよう。
薄毛予防、発毛促進の点で非常に大切なことだけど、
忙しくて、何気なく時間をかけずに洗ってしまっている
という方がほとんどかもしれません。
シャンプーはなぜ、薄毛予防や発毛の促進に重要な役割があるのか。
これを理解し、適当な洗髪にならないように心がけましょう。
シャンプーの目的は、主に4つと言えます。

毛穴の汚れ・脂分を落とす
マッサージ効果・温効果で頭皮の血行を促進する
髪の毛の汚れを落とす
健やかな髪の毛を育む土壌をつくる


最近のシャンプーはしっかり泡立つので「洗った~!」という満足感が得やすいですが、毛穴に詰まった汚れ、脂分をきちんと落とせていない場合も非常に多いと言えます。

・洗髪はゆっくり時間をかけ、指の腹でマッサージをする事。
すでに常識となった知識なのでここは割愛します。

・時間をかけてシャンプーをすすぐ事。
シャンプー等は肌についた場合、すぐに流せるようなものじゃありません。
じっくり時間をかけ、確実にシャンプーを流し切るのを心がけましょう。
流し残しがあると毛穴の詰まりの原因になったり、フケとなります。


では、次にシャンプーの種類について。
・「アミノ酸系」であること
・髪や頭皮と同じph値の「弱酸性」のものを選ぶ。目安はph3.5~6.0
・界面活性剤以外の、頭皮に良い刺激を与える成分が入っている物


いわゆるノンシリコンシャンプーなどは非常におすすめです。
その商品が化学薬品を含まない無添加商品であれば文句無しです。
髪に栄養なんていうのは有ればいい程度で構いません。
まずは頭皮を綺麗にする事
それにはノンシリコンで天然成分が入った商品でないと不可能なのです。
そうして綺麗になったところで、さあヘアケアをしましょう。
という段階へ行けますので、シャンプー選びは確実に、完璧な物を選ぶ様にしましょう。
このシャンプーでハゲるかハゲないかの分かれ道になりますよ。
実際に私の知り合いは某大手会社のリンスインシャンプーを使い、
25歳からカッパ頭になっていたので、商品を選ばないと一生後悔します。


薄毛で悩む人のための参考サイトはコチラ


copyright c 2011