なぜ薄毛になる?

あなたは薄毛の原因について考えたことはありますか?
「育毛剤を使っているのになかなか改善されない」
「ケアをしているのに薄毛が進行している」
いくらヘアケアを行っても、
根底にある原因がそのままではなかなか改善には繋がりません
どんなに良い育毛剤も、使うだけですぐに髪の毛が生えてくるような
「魔法の薬」ではないのです。
薄毛になる原因は1つではなく、
様々な要素が複雑に絡みあっていると言われています。
近年、日本人の就寝時間が遅くなった、食事が欧米化してきた、
パソコンやゲームがどんどん普及してきたことなども要因の一つでしょう。
実は、どんな人にも薄毛になる可能性があるのです。

薄毛の原因 ・遺伝
男性型脱毛症は遺伝によるものが大きいと言われています。

・男性ホルモンの影響
男性ホルモン(テストステロン)が
毛根の毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、
毛母細胞を萎縮させ、髪の成長を妨げます。

・食事
髪の毛の生成に必須とされるビタミンやミネラル不足、
また、肉類や油物の摂り過ぎで血中コレステロールが増加すると、
血が粘って末端の頭皮まで血が流れにくくなり、抜け毛の原因となります。

・生活習慣
髪の毛は夜間に成長します。
昼間は成長しませんので、夜遅くまで起きていると血液が別の組織、
細胞に回され、毛母細胞までには行き渡らなくなります。

・ストレス
心や体にも悪影響を及ぼすストレスですが、
薄毛や抜け毛にとっても例外ではありません。
ストレスが自律神経やホルモンバランスを乱し、
血流が悪化すると、毛根に栄養分を十分運べない状態となるのです。

・間違ったヘアケア
間違ったシャンプーの仕方や、
過度な染髪、脱色なども薄毛の原因となります。
すぐに全ての習慣を改めることは難しいですが、
まずは自分自身の薄毛の原因を知ることが大切です。

育毛剤などによるヘアケアが無駄にならないよう、
根底にある「なぜ薄毛になったのか」という原因も改善する必要があるのです。

薄毛で悩む人のための参考サイトはコチラ


copyright c 2011